So-net無料ブログ作成
検索選択
リーガルハイ ブログトップ

リーガルハイ18・9%締め!最後まで高視聴率キープ [リーガルハイ]

堺雅人(40)主演のフジテレビ系連続ドラマ
「リーガルハイ」(水曜後10・00)の最終回が18日に放送され、
平均視聴率が18・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)
だったことが19日、分かった。
初回21・2%と好スタートを切った同作。
それ以降は第2話16・8%、
第3話18・5%、第4話18・3%、第5話18・3%、第6話17・7%、
第7話17・7%、第8話16・2%、第9話18・3%と、全て16%を
超える高い水準で安定して推移し、全10話の平均は18・4%だった。

12年4月クールで放送され、最高14・5%(第8回)を記録し、
国内外で高い評価を得た痛快法廷コメディーの続編。
変わり者で破天荒、でも訴訟で負けたことがない
毒舌敏腕弁護士・古美門研介(堺)が相棒の黛真知子(新垣結衣・25)
とともに、毎回起こるさまざまなトラブルや事件をめぐり、
法廷で手腕を発揮していった。
今シリーズからこの2人対峙する“天性の人たらし”と言われる
若手弁護士・羽生晴樹(岡田将生・24)も加わった。

堺は最終回視聴率42・2%を叩き出した大ヒットドラマ「半沢直樹」
(TBS)に続く主演で、同作を意識したセリフもあるなど、放送前から
話題となっていた。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

リーガルハイ第10話最終回30分拡大スペシャル [リーガルハイ]

古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、
最高裁判所で安藤貴和(小雪)の差し戻し判決を得ることに成功。
しかし、直後に古美門たちは貴和から弁護代理人を解雇されてしまう。
古美門は裁判を自分たちが担当して以来、
これまでの流れの裏に前回の高裁判決前、
貴和と面会した吉永慶子なる人物が関与していたことに気づいた。
その吉永が羽生晴樹(岡田将生)であることにも…。

黛が『NEXUS』に行くと、磯貝邦光(古舘寛治)しかいない。
羽生と本田ジェーン(黒木華)は姿を消している。
その頃、拘置所の貴和に三木長一郎(生瀬勝久)と
井手孝雄(矢野聖人)が面会していた。
そこには、沢地君江(小池栄子)の姿も。
三木たちを差し向けたのは羽生だった。

貴和の差し戻し審が始まる。検察側には羽生と本田の姿があった。
羽生は貴和に死刑ではなく、無期懲役を求刑。
三木は情状酌量を訴える。
つまりは全てが、死刑廃止論者であり、争いを譲り合いで
丸く収めようとする羽生の策略だった。

その夜、古美門と黛は蘭丸(田口淳之介)を伴い、
磯貝を利用して『NEXUS』に羽生と本田を呼び出す。
怒りをぶつける古美門。
羽生はすでに古美門には何も出来ないと応えた。
黛も事実を追求せずにねじ曲げる羽生のやり方に不満をぶつける。
しかし、羽生は愚かな民衆は誰かが導かなくてはいけないと
悠然と構えていた。

それでも古美門は、引き下がろうとはしない。
なぜ、貴和が羽生の言いなりになったのか? 
古美門と黛は、事件の真実を探り始める。


☆ ★ ☆ モ ッ ピ ー ☆ ★ ☆ 

累計350万人が利用しているポイントサイト!

楽しく!簡単に!ポイントが貯まる!

1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

さらに!今だけ!!
〜〜〜期間限定キャンペーン開催中〜〜〜


お友達にモッピーを紹介するだけで
【 3 0 0d ポイント】もらえちゃう!

高額ポイントを一気に貯められるチャンス!!!

▼ ▼ ▼ 詳しくはコチラ♪ ▼ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

秋ドラマリーガルハイ第1話あらすじ [リーガルハイ]

2013この秋の本命ドラマリーガルハイは
毎週水曜日10月9日22時スタートです。

古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、恋愛問題が発覚した
アイドル相手に“騙された”と訴えるファンたちを弁護。
ハチャメチャな論理で被告を追い詰める古美門は、黛ではなく
羽生晴樹(岡田将生)を指名して交代。
羽生は人情に訴えて、アイドルに罪を認めさせた。

その夜、古美門法律事務所で祝勝会。
検察官の羽生は、弁護士職務経験として古美門法律事務所に
いたのだが、この日で終了。
古美門は、羽生にほれ込んでいた様子で検察官を辞めて
自分の事務所に入るよう誘う。
しかし、羽生は自分の道を模索すると古美門に別れを告げた。

その頃、古美門のライバル三木長一郎(生瀬勝久)は、
事務所のベテラン弁護士、磯貝邦光(古舘寛治)から
担当案件から降りたいと頼まれていた。
三木は許さないが、そのクライアントの無実を
勝ち取るのは不可能と考えていた。

黛が古美門に骨のある案件が来たと報告。
実は磯貝が放り投げた案件で、そのクライアントとは
運輸会社社長と、その娘の殺害、殺害未遂容疑で
死刑を宣告された安藤貴和(小雪)った。
2審が進行中の貴和には2度の離婚歴があり、
元夫たちの不審死から保険金目当ての疑惑も持たれている。
黛と拘置所を訪ねた古美門は、やる気は無かったものの
貴和のある提案で引き受けることにした。
さらに2人は、羽生の計らいで裁判の担当検事に会うことにも成功。
羽生が紹介したのは醍醐実(松平健)という
一風変わった主任検事だった。

小田急オンラインショッピング

SnapCrab_NoName_2013-9-28_12-55-35_No-00.png

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
リーガルハイ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。