So-net無料ブログ作成
検索選択
救命病棟24時 ブログトップ

救命病棟24時最終話あらすじ [救命病棟24時]

小島楓(松嶋菜々子)たちは救命救急センターに来た途端、
吐血して倒れた患者の処置にあたった。
桜庭睦子(安寿ミラ)は、患者の血液を浴びてしまった
国友花音(波瑠)に寄り添い執拗な洗浄を促す。
花音はセンターの仮眠室で様子をみることになった。

吐血患者がアフリカから帰国したばかりのフリーカメラマン
兵頭明佳(小椋毅)と判明。
医局員たちに緊張が走る。
楓の報告に最上透(段田安則)も花音の様子を気にかけていた。

感染症センターの為我井智(やべけんじ)が兵頭の
血液検査の結果を持って来る。
感染予防のマスクを着用した為我井が示したのは
1類感染症(感染した場合、極めて重篤な状態になりうる)
マールブルク病を引き起こすウィルスだった。
そこに飛び込んできた美木麻衣子(岡本玲)が、
兵頭の容態急変を告げる。
兵頭は亡くなった…。

翌朝、院長執務室では、為我井と今後の相談がなされる。
通常通りの勤務を求める楓に為我井は反対しない。
しかし、杉吉康弘センター長(手塚とおる)は救命センターの
一時隔離を主張。最上がそれを認めた。
花音は発症してICUの個室に移される。
数日後、空気感染の恐れはないため、
救命センターの隔離が解かれた。
だが、その矢先、マールブルク病の症状に似た患者が
次々と運ばれて来る。
かつてない異常事態が、楓と医局員たちを襲う。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
救命病棟24時 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。