So-net無料ブログ作成

リーガルハイ18・9%締め!最後まで高視聴率キープ [リーガルハイ]

堺雅人(40)主演のフジテレビ系連続ドラマ
「リーガルハイ」(水曜後10・00)の最終回が18日に放送され、
平均視聴率が18・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)
だったことが19日、分かった。
初回21・2%と好スタートを切った同作。
それ以降は第2話16・8%、
第3話18・5%、第4話18・3%、第5話18・3%、第6話17・7%、
第7話17・7%、第8話16・2%、第9話18・3%と、全て16%を
超える高い水準で安定して推移し、全10話の平均は18・4%だった。

12年4月クールで放送され、最高14・5%(第8回)を記録し、
国内外で高い評価を得た痛快法廷コメディーの続編。
変わり者で破天荒、でも訴訟で負けたことがない
毒舌敏腕弁護士・古美門研介(堺)が相棒の黛真知子(新垣結衣・25)
とともに、毎回起こるさまざまなトラブルや事件をめぐり、
法廷で手腕を発揮していった。
今シリーズからこの2人対峙する“天性の人たらし”と言われる
若手弁護士・羽生晴樹(岡田将生・24)も加わった。

堺は最終回視聴率42・2%を叩き出した大ヒットドラマ「半沢直樹」
(TBS)に続く主演で、同作を意識したセリフもあるなど、放送前から
話題となっていた。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

最高の離婚Special2014を瑛太が語る [最高の離婚]

俳優、瑛太(31)が主演を務め、1月期に放送した
フジテレビ系「最高の離婚」が来年2月にスペシャルドラマで
復活することが12日、分かった。
瑛太と尾野真千子(32)、 真木よう子(31)と綾野剛(31)演じる
アラサー夫婦2組が織りなすラブ&ホームコメディーの続編。
瑛太は「この先のあの人たちを演じることができてすごくうれしい」
と感激だ。

結婚、離婚、夫婦とは何か? 1月期放送の「最高の離婚」は
イマドキのアラサー夫婦2組を軽快なタッチで描いた
ラブ&ホームコメディー。
来年2月に「最高の離婚Special2014」として、
お茶の間に帰ってくることが決まった。

人見知りで神経質な主人公、光生(瑛太)と
大ざっぱすぎる妻、結夏(尾野)。
さらに、光生の元カノ、灯里(真木)と妻に秘密を抱える
モテ夫、諒(綾野)の“奇妙な四角関係”が話題を呼び、
最高視聴率13・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)
を記録した。

「結婚は拷問だ」と言い切る光生の名言!?など
リアルなセリフも注目され、ギャラクシー賞、日本民間放送連盟賞など
今年の優秀なドラマに贈られる賞を多数獲得した。

連ドラの最終回では、性格の不一致で離婚した
光生&結夏夫妻が互いに好きだったことを再確認。
一方、妻に内緒で夫が婚姻届を提出していなかった
灯里&諒夫妻も妊娠を機に結婚して“円満”に。
SPはその1年後を描き、分かり合えたはずの2組に再び危機が…。
初恋、子供、人生の選択という “価値観”にそれぞれが直面する。

念願の続編が決まり、瑛太は「(キャストの)みんなが
『この作品はスペシャルをやるべきだよね』って
感じだったので、これって幸せなこと」と感謝。
クランクイン直前の13日に31歳の誕生日を迎えたが、
「今回はセリフの量が一番多いので、浮かれていられない誕生日です(笑)」
と演技モードに突入している。
豪華俳優陣によるバージョンアップした“すったもんだ”に注目だ。

★主題歌引き続き桑田
SPの主題歌も連ドラに引き続き、歌手、桑田佳祐(57)の
「Yin Yang(イヤン)」に決定。
連ドラのエンディングで瑛太、尾野、真木、綾野が同曲に合わせて
妖艶に踊る姿も話題になったが、SPでは新しい4人の
ダンスシーンが撮影される可能性もありそう。

画像:イマドキの問題を抱える2組のアラサー夫婦が再び波乱の予感! 
左から尾野真千子、瑛太、真木よう子、綾野剛







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

リーガルハイ第10話最終回30分拡大スペシャル [リーガルハイ]

古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、
最高裁判所で安藤貴和(小雪)の差し戻し判決を得ることに成功。
しかし、直後に古美門たちは貴和から弁護代理人を解雇されてしまう。
古美門は裁判を自分たちが担当して以来、
これまでの流れの裏に前回の高裁判決前、
貴和と面会した吉永慶子なる人物が関与していたことに気づいた。
その吉永が羽生晴樹(岡田将生)であることにも…。

黛が『NEXUS』に行くと、磯貝邦光(古舘寛治)しかいない。
羽生と本田ジェーン(黒木華)は姿を消している。
その頃、拘置所の貴和に三木長一郎(生瀬勝久)と
井手孝雄(矢野聖人)が面会していた。
そこには、沢地君江(小池栄子)の姿も。
三木たちを差し向けたのは羽生だった。

貴和の差し戻し審が始まる。検察側には羽生と本田の姿があった。
羽生は貴和に死刑ではなく、無期懲役を求刑。
三木は情状酌量を訴える。
つまりは全てが、死刑廃止論者であり、争いを譲り合いで
丸く収めようとする羽生の策略だった。

その夜、古美門と黛は蘭丸(田口淳之介)を伴い、
磯貝を利用して『NEXUS』に羽生と本田を呼び出す。
怒りをぶつける古美門。
羽生はすでに古美門には何も出来ないと応えた。
黛も事実を追求せずにねじ曲げる羽生のやり方に不満をぶつける。
しかし、羽生は愚かな民衆は誰かが導かなくてはいけないと
悠然と構えていた。

それでも古美門は、引き下がろうとはしない。
なぜ、貴和が羽生の言いなりになったのか? 
古美門と黛は、事件の真実を探り始める。


☆ ★ ☆ モ ッ ピ ー ☆ ★ ☆ 

累計350万人が利用しているポイントサイト!

楽しく!簡単に!ポイントが貯まる!

1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

さらに!今だけ!!
〜〜〜期間限定キャンペーン開催中〜〜〜


お友達にモッピーを紹介するだけで
【 3 0 0d ポイント】もらえちゃう!

高額ポイントを一気に貯められるチャンス!!!

▼ ▼ ▼ 詳しくはコチラ♪ ▼ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。